この菓子店は全国菓子博覧会で金賞を受賞するほどの腕を持ち、市内では有名な老舗菓子店です。地元の人口減少・高級菓子の売上不振等により関東地区への進出を検討していました。

 そこで「博多の台所チーム」として東京のイベントに出店しました。これをきっかけに全国商工会連合会が運営する「むらからまちから館(有楽町交通会館1F)」への納品が決定し、流通ルートが拡大し、受注も伸び続けています。

 わくわく大商談会懇親会にて熊本の企業様と名刺交換。その企業様を通じてイオン九州へのかすてら饅頭の提案がなされ、約1ヶ月後に納品が決定しました。これをきっかけにゆめタウンへの納品も決定されています。

【事例紹介】大福商事株式会社様 (菓舗だいふく様)

わくわくビジネス広場-詳細リンク