▶軽減税率対策補助金の事業完了期限の延長について

平成30年1月31日(水)を期限として
「軽減税率対策補助金」の申請受付を行ってきましたが、
今後は平成31年10月1日(火)から始まる
「消費税軽減税率制度」に対応するため、
補助事業の完了期限を以下のとおり変更します。

 

(現 行)平成30年1月31日(水)までに申請
          ↓
(変更後)平成31年9月30日(月)までに事業完了

 

<詳しくは、ホームページをご確認ください>
中小企業庁「軽減税率対策補助金の事業完了期限の延長について」
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2017/171122zeiritu.htm

------------------------------------

消費税軽減税率への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等の方々が
複数税率対応レジの導入や、発注システムの改修などを行うにあたって、
その経費の一部を補助する制度です。


○申請の種類
 【A型:複数税率対応レジの導入等支援】
  ・複数税率に対応できるレジを新しく導入したり、
   対応できるように既存のレジを改修したりするときに
   使える補助金です。
 【B型:受発注システムの改修等支援】 
  ・電子的な受発注システム(EDI/EOS等)を
   利用する事業者のうち、複数税率に対応するために
   必要となる機能について、改修・入替を行う場合に
   使える補助金です。